ふらっと建築ブログ

ふらっと建築ブログ

実際にふらっと訪れた建築を中心的にふわっと紹介していくブログです。有名建築から無名建築まで幅広く紹介していきます。その他、カメラやPCなどのガジェットも紹介します。

How’s it going?

ふらっと建築ブログ

ハリーポッターのような巨大本棚のある図書館 ピョルマダン図書館 ふらっと韓国建築Part5

今回ご紹介するのは、韓国ソウルの江南三成洞にある図書館です。

 

ここの図書館が少し変わっているのが、図書館単体として立地しているのでなく、ショッピングモールCOEXの中に含まれているのです。

 

日本で言うイオンモールのような施設の一角に図書館が併設されています。

 

なので、買い物を楽しんだ後に休憩がてら立ち寄って読書を楽しむことが出来ます。

 

 

 スポンサーリンク

 

奉恩寺駅と三成駅に挟まれた場所なので、2つの駅から直接行くことが出来ます。

 

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118170135j:plain

ショッピングモールをまっすぐ進んでいくと開ける場所にたどり着きます。

 

入り口というのは特に無く、どこからでも入ることが出来ます

 

なので、誰でも自由に出入りができるのです。

 

図書館に入るとこのような巨大な本棚が目に入ってきます。

 

まさにハリーポッターの図書館のスケール感でこの光景は圧巻でした。

 

夜来ると幻想的な空間になるんだろうなと思います。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118172524p:plain

休日であったのもありますが、かなり賑わっています

 

中央は広場のようになっており開放的な空間です。

 

先程の巨大本棚がこの広場を囲うように四方に配置され、その本棚を繋ぐように2階フロアが設けられています。1階は雑誌など手軽に読める本になっており、2階は専門書や小説などがありました。

 

 

f:id:nptyh418:20181118170151j:plain

2階から見てもこのスケール感に圧倒されます。

本棚の上まで本が並んでいるように見えますが、本物本は人の手が届く範囲のみで、それ以外は本の形をした箱でした。

一部おすすめの本などは本物のようでした。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118170208j:plain

2階にはこのようなカウンターがあり、ゆっくり本を楽しむことができるようになっていました。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118173315p:plain

別の場所にはテーブル席もありますので、カップルで来て雑誌などを二人で見るのもいいかもしれません。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118173538p:plain

1階中央には野菜のモニュメントがあります。

なぜ野菜なのかは謎です。。。。笑

そのモニュメントの下にベンチがあるので、手軽な本を読むのに丁度いいと思います。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118173407p:plain

天井はオールガラスでまるで外にいるかのような感覚に陥りました。

 

この広い空間に更に開放感をプラスしています。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181118170225j:plain

韓国の図書館なのでもちろん韓国語の本ばかりでハングルを読めるだけの私には内容は全く理解出来ないので、本を手にとることはありませんでしたが、館内をウロウロしていると本の雑誌コーナーがありました。

 

普段読まない雑誌ばかりでしたが、おそらく最新のものがあるので、観光で来た日本人でもここに来て雑誌を読んでこの空間を満喫することが出来ます。

 

ソウルの中心地から少し離れていて、明洞からだとt-moneyカードでも料金がプラスされる距離ですが、このスケール感を味わえることはほとんど無いと思いますので、ぜひ訪れてほしいおすすめの場所の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

使用機材

 

 

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

  

 

奇跡の復活 生まれ変わった清渓川(チョンゲチョン) ふらっと韓国建築Part4

前回ご紹介したジャンルに少し似ていますが、今回も建築ではありません。

今回も遊歩道ですが、川岸の遊歩道である清渓川です。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

光化門駅、鐘閣駅、市庁駅、乙支路入口駅の4つの駅に囲まれている場所が清渓川の始まりになります。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027162936j:plain

 

この清渓川の何が奇跡の復活かというと、ここは以前生活排水などの影響で異臭や病原菌など人々を困らせていました。そして川の上を高速道路が走るようになり、清渓川は長い間暗渠とされていました。

しかし、市民により清渓川の復活の声が上がり、河川の再生事業が行われました。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027162945j:plain

 

この姿を見るとドブ川の面影はなく、素晴らしい風景を都市の中に築き上げています。

いろいろな人が散歩をしたり、川辺に座って寛いだりしています。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027162946j:plain

 

噴水があったり、パラソルなどが設置されていたりしています。

観光客地元の人でいつも賑わっているようです。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027162952j:plain

 

暗渠から自然を取り戻したこの姿は無機質な都市を中和している中間領域のようです。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027165927j:plain

 

広場ではイベントがよく行われているようです。

私が訪れた際にもなにかのイベントの準備が行われていました。(何かはよくわかりませんでした。。。ww)

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027162953j:plain

清渓川の始まりにはSpringと呼ばれる巻き貝のモニュメントが目印となっています。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181027163012j:plain

 

夜になるとライトアップされて、非常に幻想的な空間になります。

この時間になるとカップルたちが集まってきて色々なところでイチャイチャしていました。。。

 

 

この清渓川河川再生事業として世界でも類を見ない試みかつ大成功している事例ですので、ぜひ訪れてみてください。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

 

 

 

 

韓国 弘大のオシャレすぎるブックストリート ふらっと韓国建築Part3

今回ご紹介するのは建築ではなく遊歩道です。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

弘大入口駅から西江大駅の間に様々なモニュメントが置かれているブックストリートがあります。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026145321j:plain

 

弘大入口駅側から歩いていくと、このような通りに来ます。

ここがブックストリートの始まりです。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026145314j:plain

 

入口のサインがコールテン鋼のようで、いい感じの錆び方をしていました。

ハングルだけのサインですが、非常に美しいデザインです。
 

 

 

f:id:nptyh418:20181026145307j:plain

 

少し進むと、このような場所にたどり着きます。

ブックストリートと名がつくように、小さなコンテナサイズの本屋さんが点在しています。

ここで本を購入して、このストリートに点在してる読書スポットで本を読むことが出来ます。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026143354j:plain

 

中央には大きな本型のモニュメントがありました。

インスタ映ですねww

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026143330j:plain

 

このような階段状になっている場所で寛ぎながら読書をするのも気持ちが良さそうです。

普段と一味違う読書ライフが送れそうです。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026143339j:plain

 

少し建築的なモニュメントです。

ハングルの集合体の屋根細い柱がおもしろい形をなしています。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026143346j:plain

 

階段状になっている場所もいくつかあり、ここは本棚をイメージされているモニュメントサインがカッコいいと思いました。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181026143342j:plain

 このモニュメントサインいい感じのサビを出しています。

 

 

 

このように歩きたくなる遊歩道は日本では少ないのではないでしょうか。

すごいインスタ映スポットが盛りだくさんのストリートですので、ぜひ弘大に訪れた際は足を運んでみると楽しいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

 

 

 

 スポンサーリンク

世界的有名建築家3名の合作ミュージアム Leeum SAMSUNG MUSEUM OF ART ふらっと韓国建築Part2

今回は世界的有名建築家3名の合作ミュージアムをご紹介します。

 

レム・コールハースマリオ・ボッタジャン・ヌーベルが設計した、Leeumサムスンミュージアム)です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 漢江鎮駅から歩いて行くことができます。

そこそこ坂になっているので、しんどいかもしれません。

 

 

 

f:id:nptyh418:20181015204720p:plain

 

坂を登ると、ミュージアムが見えてきます。

左からレム・コールハースマリオ・ボッタジャン・ヌーベルとなっています。

 

 

 

 

レム・コールハースの設計した建築は敷地に沿うように設計されていて、ガラスを多用した透明感のある建築となっています。

 

 

 

 

マリオ・ボッタの設計した建築はレンガ調の外壁が特徴的で、どこか昔の韓国の建築の雰囲気を持ち合わせている気がします。

この円形部分は後ほどご紹介しますが、エントランスホールのメインとなる部分になっています。

 

 

 

 

ジャン・ヌーベルの設計した建築はブラックを基調とした建築でこの3つの建築を引き締める重厚な印象でした。

凸凹した展示空間に合わせてそのボリュームが外に出ています。

 

 スポンサーリンク

 

 

こちらは、このミュージアムのメインエントランスです。

レム・コールハースの建築が担っています。

前回ご紹介した、ドミニク・ペローの設計のように地形に合わせた設計になっています。

 

 

 

 

エントランスを入るとすぐにこの光景が目に入ります。

レム・コールハースの建築を入るとすぐにマリオ・ボッタの建築に繋がります。

右に行くとジャン・ヌーベルの建築に繋がるようになっています。

展示構成はマリオ・ボッタの建築が古典美術、ジャン・ヌーベルの建築が現代美術となっています。

先程の外観の円形部分がこちらになります。

 

 

 

 

円形部分を見上げると、モニュメントが吊るされています。

マリオ・ボッタの建築はこの円状に展示物が配置されていて、この周囲を回りながら少しずつ下りてくる手法がとられていますので、歴史を順に見ることが出来ます。

ジャン・ヌーベルの建築は現代アートなので大空間に矩形の仕切りで区分けされていたり、凸凹した空間に展示されていたり、自由な展示となっていました。

残念ながら展示内部は撮影出来ませんでした。

 

 

 

 

最後にレム・コールハースは美術館ではなく、児童教育文化センターです。

内部なのに外部的な構造物があり、少し不思議な空間体験が出来ました。

 

世界的有名建築家3名の合作ミュージアムは他では類を見ない建築で非常に面白い場所でしたので、是非とも訪れてみてほしいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

 

 

 

世界的建築家ドミニク・ペロー設計 梨花女子大学 ふらっと韓国建築Part1

ふらっとポルトガル建築リスボンは一旦終了しまして、今回からはふらっと韓国建築と題しまして、韓国の建築や街を紹介していこうと思います。

 

 

 スポンサーリンク

韓国 旅行・観光ガイド 2018年 - トリップアドバイザー

 

 

 

韓国は私が中学生の頃に短期交換留学的な感じで訪れた国です。

海外は韓国初めてでした。

 

それから時が経ち、大学生のときに5カ国ぐらい旅行しまして、社会人のときに再度韓国に行くことになりました。

 

中学生のときは釜山でしたが今回はソウルに行きました。

10年ぶりの韓国はどこか懐かしくてまさにアナザースカイって感じです。笑

 

10年前は引率の先生について回るだけでしたが、今回はオールフリースケジュールでしたので、思う存分、足が千切れそうになるまで歩き尽くしました。

 

また、別の記事で書こうと思いますが、韓国は日本に似ているようで全然違う街なので凄く楽しめる街です。

新旧の建築が隣接しており、右を向くと現代建築物があり、左を向くと歴史的建築があるという、いろんな建築カルチャーアートがギュッと凝縮したようななのです。

 

いろいろな建築がある中で今回はドミニク・ペロー設計の梨花女子大学をご紹介します。

 

 

  

ソウルは地下鉄で基本的にどこでもいけます。

しかも10km以内だと1,250W(約125円:t-monyの場合)なので、タクシーもいいですが、地下鉄を利用すべきです。

梨花女子大学は梨花女子大学駅があるのでそこから北に歩いていけばすぐ着きます。

 

 

 

 

街中を歩いていくと自然豊かな開けた場所にたどり着きます。

写真の中央に学校がありますが、一見するとどこにも建築が無いように感じます。

 

 

 

 

この建築の凄い点は地上に建築するのではなく、地形を生かしてほぼ地下に建築している点です。

中央には広い通路があり、そこをバッファ空間として採光をとっていました。

 

 

 

 

中央の通路を歩き進むと大階段があります。

この日はめちゃくちゃ暑かったのであまり人はいませんが、おそらくこの階段は学生のたまり場になると思います。

 

 

 

 

そして、中央通路の両脇は学校なのですが、その屋上(地上)は遊歩道になっており、散歩コースとして歩いているご老人もちらほらいました。

 

 

 

 

近くには薄い屋根と細い柱で構成された石上純也さんのような建築がありました。

詳しくはわかりませんがカフェか売店のようでした。

 

 

梨花女子大学は写真で見ても分かると思いますが、非日常空間で圧倒されますのでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

駅チカの建築なのでおすすめです。

 

 

最近PIXTAを始めました!

そちらに建築の写真や、街並みなど投稿していますので、気に入った写真があればぜひ御覧ください!

ただ、投稿できる枚数に制限があり、まだ全然投稿できていません。。。。

随時更新していけたらと思います!

 

creator.pixta.jp

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

 

 

 

【保存版】 海外旅行で本当に必要なもの あったほうがいいもの

7カ国に海外旅行をした経験から本当に必要なもの、あったほうがいいものを紹介します。

 

色々なブログや大手旅行会社、雑誌等で海外旅行チェックリストなどが出ていますが、私はどれも必要がないものだと思います。

 

結論から言ってしまうと、本当に必要なものは【パスポート】【5万円ほどの現金】【クレジットカード】必要に応じて【ビザ】【海外保険】だけでなんとかなります。

これだけで本当に十分なんです。

 

 

これだけあればなにか忘れ物してないかとか心配する必要は全くありません

 

ただし、自己責任でお願いします。

 

旅行雑誌や大手旅行会社のサイトにかかれている持ち物リストがほとんど必要ない理由を説明していきます。

 

よく、パスポートのコピーとか、写真とかいいますが、パスポートはスマホで写真撮っておけばいいし、証明写真が撮れない国はほとんどありませんので現地でなんとかなります。

それに、パスポートは海外で命の次に大切なものという認識で常に持ち歩き、カバンのスられにくいところに入れておけば無くすことはほとんどありません。

おそらく飛行機事故に合う確率ぐらいではないでしょうか。

 

着替えは必要でしょ!

と思われた方もいるかも知れませんが、現地のお店で買えばいいんです

 

無駄遣いのように感じると思いますが、基本的に現地で購入したものは帰ってきたとき、自分にとってのお土産になっているので意外に現地で購入するのはありだと思います。

 

ブランド物でない限りそこまで費用はかかりませんし、韓国だとTシャツ3着で900円とかザラにあるので、ぜひ現地購入を考えてみてください。

 

歯ブラシ、ひげ剃り、綿棒、ポケットティッシュなどなどはほとんどホテルについているので不要です。

なければこれも現地で購入です!

現地でも100円とかで基本的に手に入ると思います。

 

雨具も現地購入です!

折りたたみ傘など雑貨屋に行くとおしゃれなものも多くありますので、お土産として現地購入して損はありません

(私は雨が降った経験がないので購入したことは無いですが。。。笑)

 

充電器も今はLightningケーブル、MicroUSB、USBCの3種類世界共通なので現地購入で構いません。

対応アンペアじゃないとバッテリーが悪くなるとか、壊れるとかそういう心配は間違いです

 

壊れる可能性はなきにしもあらずですが、スマートフォン程度であればどれも大体同じ規格なので気にせず使用しても大丈夫です。

 

パソコンやドライヤーなどを持っていく場合は変換プラグが基本的に必要になりますが、これは現地購入してもそもそもの差込口が日本対応してない可能性があるので、日本で買ったほうがいいかもしれません。

 

家電製品を持っていく場合は100V~220Vなどボルトに幅があるものは基本的に変圧器は不要です。

 

セキュリティポーチは全くいらないと思っています。

海外では荷物のスリは当たり前なので、口のあいているバッグは使わない、人混みではバッグは前に持つなど常に気をつけると思うので、ポーチとバッグの心配するより、バッグだけ心配しておけばいいので必要ありません。

 

その国が冬ではない限り防寒着はいりません。

飛行機で寒い場合はブラケットを貸してもらえるので、借りましょう。

現地で寒ければ現地購入です。

 

つらつらと書いてきましたが、いかがでしょうか。

まとめますと、

・着替えや雨具は自分のお土産になるので現地購入です

・消耗品などは基本的に現地購入で大丈夫です。

スマホの充電関係もそこまで高く無いので現地購入で大丈夫です。

 

なので、【パスポート】【5万円ほどの現金】【クレジットカード】必要に応じて【ビザ】【海外保険】さえあれば忘れ物はありません!

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荘厳で雄大な空間 リスボン大聖堂 ふらっとポルトガル建築リスボン編Part9

今回ご紹介するのはリスボン大聖堂です。

 

 

 

 

 

 

リスボン大聖堂はちょっと坂を登ったところにあるので路面電車で行くのがおすすめです。

この教会が私にとって初めての教会でした。

 

初めてなので教会に入ったときの荘厳で雄大な空間背筋がスッとするような感覚は今でも忘れません。

今ではヨーロッパに行くときは必ず教会巡りをします。

教会巡りをするとベタではありますが、心が洗われ、邪心などが吹っ飛ぶ気がします。

 

 

 

 

これだけの大空間石を積んだだけで出来ていることが信じられません。

 

 

 

 

付近にはポルトガル伝統のアズレージョという青焼きタイルがいたるところにあります。

 

 

 

 

また、ポルトガルリスボンの街を見渡せる展望台のような場所があり、屋根がオレンジ色で統一されていて非常に美しい風景を望むことが出来ます。

ここに立ったとき本当にポルトガルに来てよかったと思えた瞬間でした。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 

 

 スポンサーリンク